子供に安全安心な食品や飲料を買う〜放射性物質・放射能に負けない食卓〜

     
rakutenicon2.gif安心九州野菜 rakutenicon2.gif安心 九州牛乳 rakutenicon2.gifその他九州産食品
     
     

2011年05月29日

北大農場のホルスタイン牛から微量の放射性ヨウ素,放射性セシウム検出

北大農場のホルスタイン牛から微量の放射性ヨウ素,放射性セシウム検出
http://vetradserver.vetmed.hokudai.ac.jp/milk/index.htm

子供には、安心できると思って産地直送の北海道牛乳を飲ませてきましたが、とうとう北海道も放射性物質を検出しましたか・・・
微量とはいえ、『牛乳』は心配です。

北海道札幌市は福島第一原発から約628km。

くじゅう高原牛乳→
大分県大分市なら福島第一原発から約980km離れているから大丈夫かしら?


福島県産の言乳に他の市町村産の原乳を混入することで、放射能測定値を下げたり、産地を曖昧化したりする事も行われているようです。
なんとも嘆かわしい限りです。

子供とスーパーに行ったとき、赤い牛乳パック(“雪印メグミルク”たぶん野田工場のもの)を指さし、『あれ、給食で飲んでいる』と言っていたので、またもや心配。
原乳は北海道、関東近郊のものを使っているとのことですが、千葉の牧草はアウトだ。
完全に放射性物質を含んでいると思われるが、メグミルクさんは独自の検査はされないという事らしい。
逆に放射性物質が含まれていないのなら、HPに堂々と公表するであろうから、残念ながら、あまり期待はできないと思われます。

子供が一番飲むもの、食べるものである“乳製品”を扱う会社には、他の食品よりも厳重に検査するなどの対処をしていただきたいものである。できれば子供を守る見本となる会社が現れてくれれば良いのだが・・・・


チェルノブイリでは汚染された牛乳によって子供の“甲状腺がん”が増えたとの事。
子供の内部被曝を軽減させるためにも、家庭では、きちんと安心できる飲み物を選んでいくしかないですね。


九州乳業 美味しさ長持ち『くじゅう高原牛乳 1L(ロングライフ・常温保存可)』x6本

posted by SafeFood at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能汚染食品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

淡水魚から基準超セシウム続々・・・



福島のアユなどの淡水魚から基準を超える放射性セシウム・・・

『水産庁は海水魚より淡水魚の方が放射性セシウムを体内に溜め込みやすいという』などと、遠まわしに『海の魚の方は安心ですよ〜』みたいにあいまいなことを言っていないで、海の魚の汚染状況、海水の汚染具合をきちんと公表してほしいものです。

福島県から千葉県までの海の魚はどれだけ汚染されてるでしょう。
放射性セシウムや放射性ヨウ素だけでなく、ストロンチウムやプルトニウムの濃度は??

暫定基準値の500ベクレル/1kgを越えなければ“安全な魚です”と国をあげて子供達の体内被曝推進をさせるのはやめてもらいたいものです。
“この魚の放射性物質での汚染は1ベクレル/1kgです”とか“この魚は499ベクレル/1kgです”と正直に表示していただければ“本当に安全な食品”を選べるのに。


“暫定基準値内の安全な食品”を食べることによって、1年で17ミリシーベルトもの被曝になると“美浜の会”のページ“3月28日厚労省との交渉報告 (2011.03.29)”で読みました。

幼い子供達の事をどうやったら守ってあげられるのでしょう?
posted by SafeFood at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『福島第一5号機、冷却用ポンプ故障 予備に切り替えへ』って、大丈夫???




またまた、原発トラブル!?『福島第一5号機、冷却用ポンプ故障 予備に切り替えへ』

東電 平成23年5月29日 午前10 時現在 発表によると

5号機(定期検査で停止中)
5月28 日午後9時14 分、仮設の残留熱除去海水ポンプが停止していることを確認した
ため、5月29 日午前8時12 分より予備ポンプへの交換作業を開始しました。

28日の68度から29日には84.1度に上昇してるって、こんな重要な事、すぐに発表すべきなんじゃないの?
台風も接近しているし、早く安全な状態にしてほしいものです。

◎原子力情報>福島第一原子力発電所>プレスリリース/ホームページ掲載情報
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/press_f1/2011/htmldata/bi1531-j.pdf
posted by SafeFood at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。