子供に安全安心な食品や飲料を買う〜放射性物質・放射能に負けない食卓〜

     
rakutenicon2.gif安心九州野菜 rakutenicon2.gif安心 九州牛乳 rakutenicon2.gifその他九州産食品
     
     

2012年05月22日

【放射能汚染対策】産地偽装:福島産米などを 長野県産米と表示して販売

【放射能汚染対策】産地偽装:福島産米などを 長野県産米と表示して販売

==============================

出所:信濃毎日新聞社
   福島産米など「長野県産」と表示 駒ケ根の業者、県が改善指導

福島県産と青森県産を含むコメを「長野県産」と表示して販売したのは、米穀集荷販売「橋本商事」

1)福島県産21トンと青森県産5トンの玄米を精米し「長野県産あきたこまち」と表示した袋に入れて、2月1〜22日の間、大阪府の商社に販売。

2)大阪府の商社はその米を大阪府内の関連会社が全国紙の販売促進用の景品として、3月末までに無料配布。

3)福島県産ひとめぼれ計1・5トンも長野県産と偽る

4)産地を記載しない伝票を使って埼玉県内の弁当製造業者に販売。

出所:福島産米など「長野県産」と表示 駒ケ根の業者、県が改善指導(信濃毎日新聞社)

==============================

大阪府内の会社が3月末までに無料配布した全国紙の販売促進用の景品米のは、2012年3月までの放射性セシウムの国の暫定基準値500Bq/kgを下回っていたというが、いったい何ベクレルあったのでしょうか?
暫定基準値が適用された時期だとはいえ、500ベクレルは下回っていたという表現が気になります・・・
厳しい罰則がない限りこのような悪事は減らないでしょう。

農林水産省 米トレーサビリティ法の概要
wikipedia 産地偽装


posted by SafeFood at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

【放射能対策】欧州輸入ジャムから基準超すセシウム

欧州輸入ジャムから基準超すセシウム

2012年5月1日 20時53分中日新聞 CHUNICHI Web

 食品小売りの明治屋(東京都中央区)が4月にオーストリアの業者から輸入しようとしたブルーベリージャム3個から、放射性セシウムの新基準値を超える1キログラム当たり140〜220ベクレルが検出され、厚生労働省が荷の積み戻しなどを指示していた。
 輸入時の検査で判明した。商品は流通していない。輸入食品で新基準値を超えたのは初。
 ブルーベリーの原産国はポーランドで、明治屋は輸入する予定だったジャム約1千個全てを返品する。
 輸入食品のセシウムの規制値は3月までは同370ベクレルで、4月から新基準値の100ベクレルが適用された。東京電力福島第1原発の事故後、370ベクレルを超えた輸入食品はなかった。
(中日新聞)

出所:中日新聞 CHUNICHI Web
   ■欧州輸入ジャムから基準超すセシウム




『輸入ブルーベリージャムから1キログラム当たり140〜220ベクレル検出』
新基準値(100Bq/kg)になる前の暫定基準値(500Bq/kg)だったらすんなりと輸入されて流通していた食品でしょう。
今回、新基準100Bq/kgになったものだから初めて表面化しただけで、3月までなら子どもがパンにつけて食べていようが、紅茶に入れて飲んでいようが、おとがめなしだったという事です。

また、記事の中にはCs134が検出されたのか、されていないのかは記載されていないので、憶測ではありますが、多分Cs137が140〜220Bq/kg検出されたという事でしょう。
Cs134が出ないという事であれば福島原発由来のものではなく、チェルノブイリなどによるものだと思います。
これは、輸入食品の暫定限度が370Bq/kgだった頃から、福島原発事故前の放射能に無関心だった私たちの食卓にもひっそりとのぼって食されていたレベルのものでしょう。

チェルノブイリ原発事故から26年経ってもブルーベリーからこんなに高い数値が出ているのです。
2001年と少々古いデータではありますが、チェルノブイリ事故後十数年経ってもキノコ類からも下記の数値が出ています。
■H13.11.8(2001年) 乾燥ポルチーニ(ヤマドリダケ)イタリア産 418Bq/kg 検出
↑出所:放射能暫定限度を超える輸入食品の発見について(第34報)

また、東京都健康安全研究センター研究年報 第61号 別刷 輸入食品中の放射能濃度(平成21年度)では
“1986年4月に発生したチェルノブイリ原子力発電所の爆発事故をうけて,東京都では輸入食品中の放射能濃度(セシウム134及びセシウム137)の監視を行っている.平成21年度は328件の放射能濃度測定を行った.その結果,フランス産ブルーベリージャム1検体から暫定限度値(370 Bq/kg)を超える,500 Bq/kgのセシウム137を検出した.”と記述されている。
↑出所:輸入食品中の放射能濃度(平成21年度)

輸入も国産もブルーベリーやキノコには特に注意が必要だという事がわかります。

1986年4月発生のチェルノブイリ事故由来の汚染食品、2011年3月発生の福島第一原発事故由来の汚染食品と、放射性物質に汚染された食品だらけ。
この先、何十年と放射性物質の汚染と戦わなければならないのか、と思うと気が遠くなります。
でも、子ども達の健康のため、知識を蓄えて危機を乗り越えなければと強く思います。
放射性物質の恐ろしさから目をそむけず、日々子どもを守り続けているパパやママ、これからもくじけないように頑張りましょうね。


posted by SafeFood at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。