放射能予防&対策食品: 子供に安全安心な食品や飲料を買う〜放射性物質・放射能に負けない食卓〜

     
rakutenicon2.gif安心九州野菜 rakutenicon2.gif安心 九州牛乳 rakutenicon2.gifその他九州産食品
     
     

2011年09月11日

■放射能汚染食品対策■平成22年産お米の保存方法

新米は放射性セシウムなどの心配が払拭できないので、22年産のお米を保存することにした。

平成22年産のお米を多めに購入したは良いものの、長期保存するにはどうすればよいのか・・・
と悩んでいたら、こんなサイトを見つけました。

備える.jp

こちらのサイトではお米を保存するのに、衣類圧縮袋、アルコール消毒除菌ウエットティッシュ、つまようじ、使い捨てホッカイロ、ガムテープを使って保存する方法を紹介しています。


このサイトを参考にして、私もお米の保存を行ってみました(^^)

それでは、平成22年度産お米の保存方法
≪用意したもの≫
お米(5kg)
衣類圧縮袋(縦47cm×35cm)
除菌スプレー
キッチンペーパー
エバーフレッシュ(エージレス 脱酸素剤など)
・つまようじ
・ガムテープ
掃除機

※保存したい食品が多い今、他にも使うことがあると思ったので、私はホッカイロの代わりにエバーフレッシュ脱酸素剤を使用しました。

(1)まず、お米の袋をアルコールで綺麗に拭きます。
 シュッシュッして、キッチンペーパーでふき取る。
 現在は移動中に放射性物質もついてしまう可能性が・・・
 綺麗に拭きましょう!
 ちなみに、我が家はミルキークイーンを好んでたべます。
 22年産だから茨城でもだいじょうぶかな〜と。

01_hozon.jpg


(2)ガムテープで米袋の上と下のヒラヒラを留めます。
 こうすることで圧縮袋をひっかけて破いてしまう事もないそうです。

 04_hozon.jpg


(3)コメ袋が拭けたら、つまようじで袋にまんべんなく穴をあけます。
 ここポイントひらめき
 全体的にまんべんなく穴をあけると、圧縮袋に入れて
 空気を抜く時に米袋の中の空気もきちんと抜ける。
 続いて、圧縮袋を用意する。

02_hozon.jpg

 
(4)衣類圧縮袋に米袋と脱酸素剤を適量入れる。
私は今回エバーフレッシュのQ-30を使ったのですが、10個入れました。
 これは多いのか、少ないのか??ごめんなさい計算方法がわかりません。

03_hozon.jpg


 


脱酸素剤エージレスはコチラ

(5)米袋の中の空気を抜く
 ファンケルの玄米とかみたいにカチカチになるまで
 掃除機で吸って空気を抜きます。

05_hozon.jpg


保管場所は高温多湿は避けて、なるべく涼しく暗い場所がよさそうですね。
参考サイトによると6か月後に食べてもおいしく食べられたとのこと。
1年もたせるつもりでお米5kgを5袋購入し、上記の保存をしてみました♪

もうやだ〜(悲しい顔)翌日、母は簡単に一袋開封して米ビツに移してしまっていた。努力して保存米を作ったのに・・・


参考サイト:備える.jp


posted by SafeFood at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能予防&対策食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

家庭の台所でできる放射能除去法。


放射性物質に汚染された食品が出回るなか、注目を集めているのが、現在の公益財団法人原子力環境整備促進・資金管理センター)が一九九四年にまとめた研究報告「食品の調理・加工による放射性核種の除去率」だ。
同センターは放射性廃棄物の調査研究などに取り組む原子力推進団体。

 反原発の市民運動家として知られるNPO「食政策センタービジョン21」代表の安田節子さんは、報告について「八六年のソ連・チェルノブイリの原発事故後に起きた食品の放射能汚染の実態に基づいた研究で、内容は確か」と評価する。報告は分かりやすい。コメの場合は、(1)もみ殻を取る(2)精米する(3)白米をとぐという過程で、ストロンチウムが90〜97・5%は除去できるという。

【食品の調理・加工による放射性物質の除去】
キュウリ・ナス→水洗いでストロンチウムが50〜60%減
ホウレンソウ→煮沸であく抜きをし「おひたし」にするとセシウムが50〜80%除去
魚のカワマス→煮魚にすると放射性セシウムが半分になる。


【食品の調理・加工による放射性物質の除去】
稲のもみ→もみ殻を取り除くとストロンチウム50%除去
玄米→精米でストロンチウム60〜90%除去/セシウム65%除去
白米→水洗いでストロンチウム50%除去
マグロの魚肉→水洗いでセシウム50%除去
貝・エビ→水洗いでストロンチウム10%〜30%除去
きゅうり→1%の食塩水で洗うとストロンチウム20%〜60%除去
茄子→1%の食塩水で洗うとストロンチウム20%〜60%除去
トマト→1%の食塩水で洗うとストロンチウム20%〜60%除去
キャベツ→酢漬けにるすとストロンチウム30%〜60%除去
レタス→酢漬けにるすとストロンチウム30%〜60%除去
ホウレンソウ→煮沸で放射性セシウム50%〜80%除去
カワマス→煮沸で放射性セシウム50%除去

放射性物質は内臓にたまりやすいので、汚染されている疑いがある魚は、サンマなどでも内臓を取ってから食べた方がいいと安田氏

報告は、放射性ストロンチウムにも着目しているのが特徴。
現在国内ではストロンチウムについての食品検査はあまり実施されていない。

放射性ストロンチウムは、骨に入り込みやすい特性がある危険な物質。
岐阜環境医学研究所(岐阜市)所長で放射性物質に詳しい松井英介さんは「食品についてのストロンチウム検査をもっと多く実施するべきだ」と指摘。

◆「汚染」食品 小さい子ども、摂取は避けて
放射性物質を含む食品を食べると、体内で粒子が周囲の細胞に放射線を浴びせる。この内部被ばくで将来、がんにかかる危険性が高まる。水洗いや煮沸などで、かなりの放射性物質を除去できるという報告は、放射性物質をわずかでも含む食品を食べるときの安心感につながる。

 ただ、安田さんと松井さんは、放射性物質に汚染された食品を食べるのはできる限り避けるべきだとの考え。特に、小さい子どもについての危険性を強調している。

 松井さんは「政府は内部被ばくの問題を軽く見すぎだ。原発事故による内部被ばくが広がらないよう、抜本的な対策が必要」と訴えている。

以上、中日新聞より抜粋
http://goo.gl/Re2fp



放射性物質を除去する方法とは、放射性物質に汚染された食品を食べなければならない場合のみ、使うべきで、給食も含め、幼い子供たちには『汚染されていない食品=汚染されていない地域の食品』を食べさせるべきだ。

スーパーで西方面の食材を買っても、産地偽装なども疑われることが多い中、さらに防衛策として上記の“食品から放射性物質をとり除く方法”を使うのも良いかもしれない。




【資料】
原環センター
環境パラメータシリーズ
環境パラメータ・シリーズ4 「食品の調理・加工による放射性核種の除去率」
※[注意]以下PDFファイル
●「食品の調理・加工による放射性核種の除去率」PDF 1/3 (5.74MB)

●「食品の調理・加工による放射性核種の除去率」PDF 2/3 (1.79MB)

●「食品の調理・加工による放射性核種の除去率」PDF 3/3 (5.98MB)



posted by SafeFood at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能予防&対策食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

布団干し。花粉ホコリ、黄砂などから布団をガード・・・放射性物質は??

4月上旬から3歳の子供の鼻水と咳が止まらない。

キタナイ話ですが、黄色い鼻水や痰、目ヤニが出たりで、眼科・耳鼻科・小児科と病院通いの日が続いていた。

まさか・・・低線量被曝??

心配になっていたところ、原因をつきとめるべく総合病院の小児科で血液検査をした。

結果
アレルギー検査結果報告書で、ダニとハウスダストがクラス3という陽性反応が出てしまいました。

最近は放射性物質の排除という事もあるので、かなり気を付けてフローリングはもちろん、室内くまなく水拭き掃除を徹底していたのに・・・何故?

アッ!布団。
3月11日以降布団を外で干さずに布団乾燥機を使っていた。
乾燥させた後に掃除機で吸い込む作業をしていればよかったのだろうか・・・

とにかく、布団を干そう!
と思って庭からホースを2階ベランダに延ばし、手すりをこすり、床はデッキブラシで除染。
ガイガーカウンターがあれば掃除前と掃除後の差がわかるのだが、残念。

少し安心したので、手すりにまずブルーシートをかけて、その上に布団を干した。

でもでも、風が吹くと、放射性物質が舞い上がって布団につくんじゃないか、やっぱり心配。

そこで、対策を考えました。

サン・ホームショッピング
本体の不織布は、防護服にも使用されているデュポン社の「タイベック(R) 」を使用。
「タイベック(R) 」は、0.5〜10ミクロン以下の極細繊維なので、鳩のフンやホコリ、花粉(約30ミクロン)を通さず、ほぼ完全に防ぎます。

防護服に使われているってことは多少、放射性物質から布団を守ってくれるの??

●ウラン=約0.0005ミクロン
●ストロンチウム=約0.0006ミクロン
●セシウム=約0.0006ミクロン
●放射性ヨウ素(ヨウ素131)=約0.0002ミクロン

やっぱり意味ないのかしら・・・・

でも、ダニ退治効果が期待できるのが魅力的。
もしかしたら、舞い上がる放射性物質が付着したホコリからは守ってくれるかも。

===========================

健康アカデミー
posted by SafeFood at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能予防&対策食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。