市町村の放射能対策情報: 子供に安全安心な食品や飲料を買う〜放射性物質・放射能に負けない食卓〜

     
rakutenicon2.gif安心九州野菜 rakutenicon2.gif安心 九州牛乳 rakutenicon2.gifその他九州産食品
     
     

2011年09月19日

茨城県龍ケ崎市が食品放射能測定システムを導入。一般市民の持ち込み検査無料

茨城県龍ケ崎市が食品放射能測定システムを導入。市民は無料で測定可能

他の行政も見習っていただきたい。
放射能対策を頑張っている姿勢に好感をもちます。

龍ヶ崎市Webサイトによると
食品放射能測定システム:シンチレーション検出器を導入し、市民の皆様からの検査要望があれば受けるとのこと。


◎検査予約は必要で、検査費用が無料(市民のみ)

検査機器
・シンチレーション検出器
 (検出下限値はページ内に記載なし)

検査対象
・市内産の「販売を目的とした農畜産物」
・家庭菜園等の野菜類、自宅庭内の果樹等
・自宅敷地の土壌、井戸水
※ スーパー等の小売店で購入した野菜等の食材は、検査いたしません。
  ↑これがバッド(下向き矢印)な印象ですが・・・


●この他にも龍ヶ崎市は下記の放射能対策を行っています

 グッド(上向き矢印)図面に数か所放射線量を記入した【保育所・幼稚園の放射線マップを作成

 グッド(上向き矢印)図面に放射線量を記入した【小中学校の放射線マップ】を作成している

グッド(上向き矢印)保育所および幼稚園で使用する給食食材の放射性物質測定

グッド(上向き矢印)学校給食で使用する食材の放射性物質測定


かなりきめ細やかで良い行政でうらやましい。
今後、食材測定の下限値(ちょっと見たところセシウム30Bq/kgだと思われます)がさらに向上し、1Bq/kgまで測定できるようになると安心安全度がぐっと上がると思います。


posted by SafeFood at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 市町村の放射能対策情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。